3ぴんのたわいない日常を観察してみました、それから人間も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦そろって大ばか者といわれた日

 昨日は一日中雨で一歩も外に出なかった!
ので、今日は海でもいこうかあ
と、3ぴん連れて車に乗り込んだ

と、その前にお茶がなかったから
ちーさんの実家にお茶を買いに行った。
ちーさんの一番下の弟は、大きなお茶やさん。

詰めてもらっている間
外で待っていた、その時

何軒か先の家で騒がしい
集まってくれって言っている
「何かくれるのお?」

変な兄さんが商品の説明をしながら
いろいろ何かくれる

で、ただでもらえるならと
その後の話も聞いてみることに。

長くなるよお!
これから夫婦そろってマルチ商法のわなにかかることなんて露知らず
時間が来るまでお茶畑の中を散歩することにした
勿論、海は取りやめ

IMG_0614.jpg


実家の子牛!じゃなくてビーグルのベッカム君

IMG_0615.jpg

IMG_0616.jpg

IMG_0619.jpg


さすがにまめもたじたじ
おとなしくて、頭もいいけど力もあるぞお



IMG_0621.jpg


久しぶりに虹を見たよ
しかもダブルで

次の説明会は借りた近所の物置
シートを敷いて座らせられた
店長と呼ばれる年配のおじさんは
自分だけ紫の分厚い座布団の上に座った
いつの間にかシャッターが下ろされ閉じ込められた状態になる
これでもまだ気づかない私達

よくわからない九州弁、態度もものすごく横柄
欲しかったら返事をしろ
手をだせ
人の話を聞いたら声を出せ
といいながら
ただでくれる商品の説明をひとつひとつしていく
この中にどうでもいいと思って聞いてるやつがいる
目を見ればわかる
そういう人がいたらあげない!
といわれるとほかの人に悪いので
思い切り興味がありそうな顔をして聞く

最初はご飯がくっつくないしゃもじ
ふにゃふにゃして豆腐が味噌汁の中に上手に入るまな板
(よく考えたらこんなの百均でも売ってる)

まわすだけの缶きり
(後でちーさんに言われた、今缶きりがいる缶詰ってあるの?)
健康な人だけがまわすと音が出るボール
(健康じゃない人は回せないのだ)

ヒノキの枕
これは全員にはあげないよ
(ここであげた人だけ残して商品を売りつける目星をつけていた)

この商品がほしいか!?
と叫ぶ
「ほしいでーす!」と答える

本題の商品
秋田県にある玉川温泉と同じ湯質を作ったという
ヒノキの箱、この中にトルマリンとか湯の花とか
ほかは忘れたけどいろいろ入っていて一生使えるものだそう
これをお風呂に入れると難病、アトピーが治るとか

でもこのおっさんは確かに言った
今日は来春売り出されるこの商品のPRに来ただけだって
だから私達夫婦は
今日は売りつけない、もらえるものだけ貰って帰ろうと
この地域の人間じゃないから
来春来たときのことなんか知ったことか!と

ヒノキの枕は最初はデメに渡した
夫婦だとわかっていて私にも渡した
もらえなかった人は帰らせられた

で、残った人に
「この商品がほしいか!?」

「ほしいでーす!」
といった瞬間
下っ端の若者がクレジットの申し込み用紙を書き込むために
一人に一人付いた
私達には店長が
「一個買えばいいんだよ。」と言った
名前住所を聞かれ
ローンか一括か聞かれ
アホデメは一括で払おうよと言った
ちなみにこの商品228000円

幸いなことに近所の人を集めたこの説明会
私達のみ、家は遠い
はんこがない!
実はうちはありふれた姓ではないので
はんこもそこらで売ってない
うちまで付いてくることになった

以上の説明をちーさんの実家で話した

「夫婦そろって大ばか者め!明日消費者センターでも行って断れ!
228000円稼ぐのに何日働くと思ってる!」

(でもとても断れる状況ではなかったし、あきらめがつく金額でもあった、これが世に言う催眠商法だってやっと気づいた)

だめもとで
実家で怒られた、本当に必要なものかと思うとそうでもない
頂いた品物はお返しするので、なかったことにして欲しいと下っ端の担当に頼んだ

結構ぶつぶつ言い、店長のところに行ってくれとも言われたが
結局、ただでくれるもののみ残して去って行った。
よかったあ!!!!

じいさん、ばあさんしか集まらないのに
のこのこ出かけていった私達馬鹿夫婦
ターゲットにされたのは言うまでもない
でも勇気を出して言って見てよかった
クーリングオフも考えたが面倒くさい
後日のことは私がやらされるに決まっているし

結局、断る話をしたのは私
デメは隣でうなづいていただけ

ほしいかあ?の声には
大きな声で
「ほしいでーす!」って叫んでたくせに…

この間約2時間、3ピンは車の中で震えていた
かわいそうに…

この下っ端たち
うちの娘息子と変わらない年齢
うちの子がこういう商売に手を汚してなくてよかった
ブルーカラーで結構
汗かいて働けって思う
負け惜しみ???


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

zelda

  • Author:zelda
  • うちにフードがあることを知ってか知らずか気がついたら目玉焼きを焼いている私の隣にちょこんと座っていた「まめ」♀ ちーさんが小さな白い(!)犬が欲しい、と言って家族になった「のあ 」♀  のあが生死をさ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。