3ぴんのたわいない日常を観察してみました、それから人間も。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然ですが

引越ししました

れっつごお みにぴんず!

よろしくお願いします…





スポンサーサイト

うぇ?ん!

ちーさんも無事転院し、看護師から
「不安にならないように最初は毎日顔を見せてあげてくださいね。」
と言われ

毎夜でかけています

夕べのこと
娘も同行、娘の車で

いつもは大きい通りに出てから(わざわざ混んでいる道に)
行ったのですが
一人じゃないし娘の車はナビもあるし
思い切って裏道を向かいました

が、
ナビのやさしくないとこを知っていながらアテにした私が悪かった!

その周辺でナビは終わり
入り口がどこかわからない!
裏から来ているし
病院がいっぱいあってみんな系列病院で

しょろしょろ入っていった道は
そのうち農道になってしまい
車一台通るのがやっと
ユーターンしようとして

「ごりごりごり…」
右を見たら直角のコンクリート壁と後1センチ!!!

落ち着いて落ち着いて
まずタイヤがまっすぐになるようにハンドル切って
バックしてもう一度左に切って
汗かきかき
何とか脱出

でも、



娘には
「直してよ!」と言われ

ちーさんには
「遅かったねえ。」と言われ


あーあ。



以前娘が私の車をぶつけた時
私は容赦なく修理代をむしりとったそうです
学生で
家庭教師のバイト代から容赦なく


直さないとは
さすがに言えません

でもヤスリでこすって
マジックでも塗っておけば…


ダメ!?







腹立たしいこと その2

いつ頃からか
BBさんは自分のこともしなくなりました

お風呂とか
髭剃りとか

で、仙人みたいになってしまったので
夕べ
髭をそってあげました

長いからそりにくいったら


向こうのほうでデメの
声がします

『僕の髭もそってくれない?』


『ざけんな、ばーっか!!!』


怒りに震えた私の叫び声でした


BBさんの風呂だって
お前が入れればいいんだよ!


少しは協力しろ
自分の親だろーが!!












犬の話ではないけれど

頭にきたことがありました

8/28からちーさんが骨盤の亀裂骨折で入院しています、整形外科に。
そこの担当の看護師から
幾度となく私の会社やら携帯やらに電話がありました

ちーさんが話かけても反応しないとか
一人でトイレに行っちゃだめって言ってるのに
ベッドの柵を乗り越えて車椅子に乗ってトイレに行ったとか
認知があるんじゃないですか?
みたいな

で、先生に呼ばれて
病院の言うことが聞けない認知
責任持てないから
今週末か来週早々にでも退院してくださいと
その間に介護認定してもらって
別の病院に預けたらどうでしょうか って

ずいぶんじゃない!
眠いときに話しかけられたら変な返事もするだろうよ

トイレに行ったのだって
忙しそうにしてる看護師の手を煩わせたらいけないからって配慮だし
柵なんて乗り越えてないって本人は言ってるし

医者はきっと
看護師に言わせられたんだ
手のかかる患者は追いだしてくれって

ちーさんは全然ぼけちゃいない
昨日のこともはっきり覚えている
少なくとも私と娘は認知の人を見てるから
違うことはよーーくわかる


でも
出てくれって言われたら
出るしかないし
ここでけんかしても
いやな思いするのはまだ今も入院してるちーさんだし

医者に呼ばれたその日に
その足で市役所へ行って介護認定の手続きをした
ケアマネージャーを決めて相談しなさいって言われた

腹立たしくて決められずにいたら
娘が自分が行ってるデイ施設のケアマネージャーに相談してくれた
その方がすぐに動いてくれて
なんとか16日から
リハビリ病院への入院が決まった

で、今いる病院には
むかつくけど
したでに出て16日の朝までおいてもらえるように頼んだ

看護師の言い草
『気をつけてみてますね』

いくら整形だからって
患者にはいろいろいるだろうよ
若い子ばっかじゃないんだから

そんなこと言ったら
ホントに認知があって
怪我したら
いったいどこに行ったらいいのかな?

まったく腹だたしい
民主党のおっさんがた
もう少し
年寄りがすみやすい世の中にしちゃくれませんかね!!










9月も

9月も気がついたらもう8日になっていました。
月日の経つのは早いものです

相変わらずちーさんは入院中
毎日会社の帰りに寄っていきます
これ結構しんどいです
うちでは
腹をすかせた3ワンコと1ジーさんが待っていますもの

先日の話
あわてて帰って
3わんにご飯をあげて
散歩しているときのこと

まめのリードが手から離れた!

少し先を走っては
振り向き止る
リードを持とうとすると
逃げる
追いかけようと走っても2ピンがついてこないでもたもた

こんなことを何回か繰り返し
逃げた先が行き止まり
仕方なくまめはしっぽを丸めて私の前に

まめと遊んでいる暇はない、まだ帰って夕飯の支度したり
洗濯物たたんだりしなきゃいけないことがたくさんあるのに
いろんなことに腹が立った私
まめをけり倒した!

が、
次の瞬間
まめのリードの金具が私の足首に

『いたっー!!!!!』

『ぢ、ぢ、ぢ、ぢぐじょー!!!』





オマメサマハケッテハイケナイヨーダ…






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

zelda

  • Author:zelda
  • うちにフードがあることを知ってか知らずか気がついたら目玉焼きを焼いている私の隣にちょこんと座っていた「まめ」♀ ちーさんが小さな白い(!)犬が欲しい、と言って家族になった「のあ 」♀  のあが生死をさ
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。